Original Track – This Is My Favorite Worst Nightmare

maj7thの音は僕のポップ性質の要とも言えるから、
それが苦痛とはとても思えない。


(Let you down
until I know)
All the world’s a stage

隠した言葉
焦りにすりこんだ数

Ill feeling voice against the good will
遠すぎた言葉

Sound “Feel Low”
You dance with me in the calling and you say “Hello”
I fell over 30 times during Soundless
I don’t feel up to shining bright
照らすのなら
My throat
光を僕に焼きつけて

託した言葉が
僕のノドモトで砕ける

Ill feeling voice against the malicious will
思い出した、君の言葉

“Love me,My foolish sweatheart”

I’m taking every day now by the skin of my teeth
この声鳴らずに

Sound “Feel Low”
You dance with me in the calling and you say “Hello”
I fell over 40 times during Soundless
I don’t feel up to shining bright
探すのなら
My Scruff
灯りを僕に照らして
手を、浮かべた言葉に添えて

Feel Low,Feel Low

 

 

この曲を作って、僕が高校の頃にいくつかやっていたバンドの1つで、
女の子がボーカルで東京事変の群青日和をライヴでやったことを思い出した。
女性のボーカルでの音域というものは男性の中でも特に低い方である僕の声より格段に魅力的な音域なわけで、
非常にうらやましいコンテンツをお持ちなのだと、敬意を払いたい。

個人の楽曲としては初めて女性ボーカルで作曲してみて、これはかなりおもしろいものだと感じた。
基本的には僕は男性ボーカルの楽曲で育ったが、稀に聴く女性ボーカルの声質に癒されることももちろんある。
1曲1曲だと腐るほどあるが、「この人のほかの曲も聴いてみたいな」と思いあさった女性ボーカルは割りと限られてくると思う。

パッと思いつく限り書くが、椎名林檎及び東京事変(ここがあまりにもでかいかもしれない)、鬼束ちひろ、The Ting Tings、CSS、The Killsなどなど(多分ぜったい他にもあるけど今思い出せない)

The Killsに関しては女性ボーカルが、というより男性ボーカルのセンスびんびんのパフォーマンスが魅力なので入れなくてもよかったかもしれない。
The Ting Tingsは僕の中ではゆるゆる系ガールボーカル部門最優秀賞なユニットである。
The Killsとは真逆でほとんど存在感のない男性ボーカルもちょろっと参加しているが、なによりメインの女性ボーカル(名前わかんない)のヴィヴィットなセンスがとにかく魅力的なのだ。
そしてなにより、そのユニット名であるThe Ting Tings(日本名ザ・ティン・ティンズ)は、
女の子に「ティンティンズ大好き!」と言わせたくなる未知の魅力をそなえている。
恐ろしいユニット名だ。

ここで関係ないはなしをするが、ここ最近の音楽記事において「それはおくべきだろう」と思われる動画や音源のURLを何故載せないかというと、
やりたいことが多すぎるためこのサブコンテンツである記事をなるべくテキト、、、いやテキストのみで済ませたいからである。もし僕の記事を見て気になるバンドなのがいたら自分でググルことをおすすめする。
自分で行動することによりそのコンテンツへの思いやりは+アルファされるので、
その方がきっと楽曲をいっそう楽しめることだろう。

鬼束ちひろは、僕はドラマのTRICK(仲間由紀恵、阿部 寛主演)が大好きで観ていたのでごくごく自然にはまることになった。月光などのダークな世界観も見事で素晴らしいが、僕が1番聴いていたのは眩暈などの癒しサウンドだ。絶対癒し宣言!、なのだ。
椎名林檎について書き出したらもうきりがない、きりがないので一文ですませよう。

あんた天才だよ(←お前は帰れ)

 

あれ、This Is My Favorite Worst Nightmareのこと書くの忘れてた。
一応アニソン意識しました。
この楽曲で動画作ったらまた紹介することにしましょう。
ボーカルの「うらら」についてもまた後日。

 

丸の内のサデスティックにやられて眩暈に襲われた。

ftasam2s

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA