デフォルメイラスト描くの難しくない?【フリーアイコン紹介/無料素材】

質問に答えるイラスト

このサイトの質問コーナー用に描いたイラストなんですが、気まぐれで青髪ヘッドホンガールのデフォルメ絵にしてみました。
こういうデフォルメって描いてこなかったので結構難しいですね、色々試行錯誤を重ねないとですねぇ。

こういうミニキャラのデフォルメ絵って女性が得意だったりしますよね、もちろん男性でも上手い人いっぱいいるんですが。
少年漫画で育った男の僕では絶対思いつかないくらいきゃわわなデフォルメを描いてて、すごいな~!と感激します。

とは言え僕に関してはそもそも通常イラストをもっと磨かなくてはいけないので、まだたまーに息抜き程度には描きたいな~と思います。

慰めが必要なあなたへ【フリーアイコン紹介/無料素材】

ヒナゲシの花の髪飾りをしているリボンの女の子のイラスト

イラストタイトル/ヒナゲシは君を想う。

花言葉シリーズ・ピアス編 – 春の部ヒナゲシの花。
いわゆるポピーという花ですね、詳しくはグーグル先生に聞いてください。(人まかせ)

花言葉は「慰め」「いたわり」「忘却」。今回描いたイラストでは主にそこらへんをイメージしたんですが他にも「恋の予感」「陽気で優しい」などなどもあるみたいですよ。
優しさに満ち満ちた花言葉にほっこりしますね~

今回はヒナゲシの花の髪飾りに+でリボンもつけてみたりしてみました。
やはり髪飾りの代表格ともいえる王者の風格といいますか、存在感がガッと出ますねぇ。

リボンなら他のバリエーションも色々出来そうですね~

1秒間の物語【フリーイラスト紹介/無料素材】

時計と浮いている女の子のイラスト

イラストタイトル/1秒間の物語。

時計を抱えて浮いている1秒間を数えるガールのイラスト。
1秒間の物語という曲を過去に作ったことがあるんですが、その曲に自分でイメージを作りたくて描いたやつです。
これ描いたのが2018年の年末くらいで、あまり思ったように描けなかったのでボツにしました。ノーコピーライトガールのTwitterでは公開したんですが、正式にナンバリングしてなかったので、サイトの方に載せるのすっかり忘れてましたねぇ。
今後いつになるかはわからないけど、いつか完成品を描きたいな~

I won’t let you fall
It’s usually unhelpful

I will never forget
every moment with your call

床に落下中のスマホ0.03秒
君の少し微笑みかけた口角0.45秒
僕の目も移行
左手で髪を耳にかけようとする0.38秒
その仕草の愛らしさについ目を逸らす僕その間0.14秒

永久の1秒のストーリー
笑いかけるまでに
僕は灰になって
(It feels like time is passing slowly)

A lie cannot live

揺らぐだけの想いの中に
1つ混じる確信
僕はハイになって
ふわりふわりな思考
揺らぐ想いなくそう

僕が隠した1秒間

おなかいっぱいすぎて無理【フリーアイコン紹介/無料素材】

おしゃれなキャップをかぶった女の子のイラスト

イラストタイトル/無理。

さきほど晩ごはんをたべすぎておなかいたいです、無理です。
ということで無理な時にぜひ使って欲しいイラスト。
ラインなどでスタンプみたいに使って欲しいと思います。

無理なときに無理と言う勇気も必要だと思いますが無理せずに無理と言えることが無理なく無理と言える環境なのではないでしょうか(無理のゲシュタルト崩壊)

好きなイラストレーターさんを語りたい【イラスト】

浮遊しながら絵を描く女子高生のフリーイラスト

この世界には神イラストレーター様がいっぱいいて、それはもうイラスト聖書なるものを作ろうと思ったら10冊くらいできるのではないかというほど素晴らしい神々が多いのですが、
全員あげてたらきりがないので今回は特筆したい部分だけ書こうと思います。

イラスト描き歴=ノーコピーライトガール歴のまだ浅い歴絵描きの僕が語るのもおこがましいですが、
「おれが影響を受けた3大イラストレーター様」という認識の方が3人いらっしゃいまして。
御三方とも言うまでもなく画力やスキルや表現力などは神レベルなのであえてそこに関しては省略します。


まず1人目が中村佑介さん。
僕は学生の時いくつかバンドをやっていて、その中の1つがアジアンカンフージェネレーションのコピバンだったんですよ。
当時の僕はイラストの見識なんてまるでからからのからっきしだったのですが、僕の中のイラスト×音楽=おしゃれでクールという概念は間違いなくこの方のイラストで出来上がったものだと思います。
音楽で楽曲とビジュアルアートは表現をする上でめちゃくちゃ密接であり、兄弟を越えて双子、くらいの関係性である中で、自分の中の常識を覆すくらい刺激的だったのを覚えています。
それはつまり、(イラスト×音楽=クール)=(イラスト=クール)にも繋がったわけでここが抜けてたら今の僕はイラストを描いてなかったと思うレベルです。
僕は色々な理由で肌色を挿さないんですが、大きな理由の1つに中村祐介さんの影響があることは間違いないと思います。


2人目はダイスケリチャードさん。
中村祐介さんの次にイラスト=おしゃれでクールという概念を構築させられた方。
ダイスケリチャードさんを知っている方なら僕のイラストを見たら影響受けたのだろうなと何となくわかるとは思います。
色の使い方もそうなんですが発想の自由さ、色々な概念をぶち壊す世界観でもクールに表現できるというのを目の当たりにした衝撃的な感覚がありました。
そしてクールながらもイラストにユーモアも取り入れたり、なんなら時にユーモア先行でそれ以外そっちのけみたいな良い意味でのぶち壊し方もして、
イラストでの表現の緩急みたいな感覚もダイスケリチャードさんの影響をだいぶ受けたと思います。


3人目はHAIさん。
これは意外だなと思う方もいるかと思いますが、初めてHAIさんのイラストを見たときはかなりの衝撃を受けました。女の子の日常の部屋を空間ごと切り取ったようなイラスト。
構図とかの空間的な表現でそういう感覚になるのでしょうか。
基本的には女の子の日常のような感じで、下着姿だったりするのですがそれが性的なエロスではなくあくまで「女の子の日常」に特化した表現はかなり感銘をうけました。
色や影の表現もリアルとイラスト的デフォルメのちょうど中間的な感じで、イラスト=おしゃれでクールをこの方からも目の当たりにしたと思います。


とまぁ好き勝手に語ってみましたが、ここに書いた以外にも素晴らしい点が多くて語りきれないので今回はここまでです。僕のイラストの根幹の部分を作った方々なので、向こうは知らずとも感謝させていただいております。

他にも影響を受けた方々いるのですが、次回はそこを書きたいですね~(次回があるかはわからない)