幻想ジャズの女の子【フリーイラスト紹介/無料素材】

ピアノとサックスでジャスを弾く赤髪パーカーの女の子のイラスト

イラストタイトル/ファンタジック・ジャズ。

幻想的なジャズの音色に酔いしれる女の子のイラスト。
ここ最近のイラストの中では久々のサイズ感ではありますねぇ。

大元をたどると過去に記事にした浮遊シリーズの流れではあるものの、モチーフに音楽要素、今回はジャズを取り入れてみました。
ラフなど描き始めた当初はもっとシンプルなイメージだったんですが、途中から楽しくなっちゃっていつのまにか細かいギミックモリモリになりましたね~
ジャズということでサックスを今回は描いたんですがいや~難しいもんですね、見てわかるとおりデフォルメしてるんですがそれでもあの金属感を出すのってよっぽど楽器を描いてこないと出来ないと思うんですよ。
ジャズならではの楽器ってなにかな~って考えたときに思いついたのがサックス、ピアノ、コントラバス、ドラムだったので入れてみました。

あとジャズということでチック・コーリア、マイルス・デイビス、クインシー・ジョーンズというジャズの巨匠たちのそれぞれの曲名がちょろっと入ってたりします。
僕はジャズはバチボコ詳しいというほどではなくて有名どころをところどころくらいしか知らないんですが、特にチック・コーリアのSpainはなぜか定期的に聴いています。理由はわからないですが、謎の中毒性というか。
正直なところあくまで個人的な感想なんですが初見で聴いて、うわっ!めっちゃ良い好き!とかすげぇ!えもえものえも!っていう曲調ではないんですが、聴いていくうちに楽器同士の掛け合いだったり急に合ったりして楽しそ~って感じ(すげぇ頭悪い感想だな~)
何度も聴いているうちに奥底からくるエモの波に心躍るんですねぇ。
spainみたいな繊細な世界観の曲も好きですが、デイブ・ブルーベックのTake Fiveみたいな繰り返しのモチーフでクールに決めるみたいなのも好き。

その流れで言っていいのかわかりませんが、こないだ描いたジャズピアニストのイラストの元のイメージが映画LA LA LANDのジャズピアニスト・セブが弾いていたミアとセバンスチャンのテーマとか結構好きですね。映画のシーンにぴったり合っていてえもいです。

あとは最近ので言ったらジャズとlofi hiphopを組み合わせたjazzhopなんかも聴いていますが、個人的にはそっちの方が直感のエモを感じます。ただそういったlofihiphopやjazzhopはアーティスト検索して知るというよりもYoutubeやspotifyなどで垂れ流したやつ聴くみたいな感じになるのでアーティスト名わからないんですよね、曲を作ってるほうからしたら割りと由々しき問題だとは思うんですがそこらへんは中々難しいものです。

さてイラストの話しとは程遠い内容になっってしましましたがこれはこれで。
今回はジャズだったんですが、次回はどうなることやら。

花火を描く女の子【フリーアイコン紹介/無料素材】

花火を空中に描く女の子のイラスト

イラストタイトル/花火、描いた。

6月1日、悪疫退散の祈願をこめて花火業者の有志の方々が全国で一斉に花火を打ち上げるというイベントがありましたね。
そのツイートを見てこのイラストを描こうと思って描いたんですね。

コロナの関係で人々の密集を避けるために打ち上げ場所非公開でおこなわれるという中々ない状況での花火打ち上げだったんですが、そのどこで上がるかわからない、近所だったらラッキーだよねみたいなワクワク感が逆に新鮮で個人的には結構良かったのではないかと思います(うちの近所でh上がらなかったけど)

今年はコロナの影響で中止になったイベントも多いと思うので、花火のようなワクワク感がより大事に感じたような気がします。
心を動かすドーーンという音と光は、ほんと美しくて芸術ものです。

そんな花火を描くこのガールも、花火の光に照らされて楽しそう。

禁断の恋【フリーアイコン紹介/無料素材】

浮気する紫陽花のピアスの女の子のイラスト

イラストタイトル/禁断の恋。

舞踏会の中心で光に輝いている。時計の秒針より速く、短針よりも遅い。
連なった影と影に目をやると瞬きの0.23秒の間にもう1つの影がちらついた。

耳から垂れた糸が綺麗に弧を描いて、紫陽花の髪飾りを揺らして、花びらが散る。

左手の感覚と右手の感覚が同時に訪れるはずなのに、
今、脳を刺激して揺れ動かす手は―

ハーフアップの女の子のアレが丸見え!(釣り)【フリーアイコン紹介/無料素材】

カラーコードが刻まれているハーフアップの女の子のイラスト

イラストタイトル/カラーコードハーフアップ。

カラーコードガールで味を占めて続いてシリーズ化となったカラーコードシリーズ。
今回はハーフアップの女の子のカラーコードが丸見えというイラスト。
ハーフアップという髪型を最近描くのたのしくて結構描いているんですね。
立体的に描きやすいというのと細かい髪の動きをつけやすいというのがあります。

僕は男なのでハーフアップ自分でやることはないですが、女性の方はハーフアップで髪型作ったりするのも楽しそうですね~

このカラーコードシリーズでいつも迷うのがコードの位置なんですが、
あまりえぐい表現だと反応しづらいかなと思って当初より控えめにしたんですが、
やっぱりもっと攻めてもいいような気がしますねぇ、というか攻めたい。
目の下のホワイトのカラーコードももっとでかくド派手に置きたかったんですけど少々控えめに。次はもっと攻めようかと思います。

横浜アリーナを埋めつくすどころか溢れ返させる男、俺やで【フリーアイコン紹介/無料素材】

変わったヘッドホンをつけている青髪パーカーの女の子のイラスト

イラストタイトル/20000THX

Twitterフォロワさん2万人ということで描いた感謝絵。
2万人てもう正直な話、1mmも実感がわかないんですよね。
気持ち的には200人とか2000人とかの時となんら変わらないので、
その時に2万フォロワ―の方とか見たらひえ~有名人っ、とか思ってたけど自分がいざ2万人となってもまったく実感がわかないというか、有名とか程遠いみたいな。

というわけで2万人という数字がどういったものなのか、教えてグーグル先生!してみました。

検索した結果、なんとなくわかりました。
2万人がどれくらいかというと、横浜アリーナを人で溢れ返させるくらい(最大収容人数1700人)、人口で言うと三重県の鳥羽と大体同じ人数ですね(とてもわかりやすい!)

東京ドームで言うと、東京ドームを真っ二つに割ったらちょうどいいくらい(つまり半分埋まるくらい)
東京ドームの最大収容人数が46000強くらいらしいので東京ドーム二分の一個といったところ。

まだまだ東京ドームには遠く及びませんが横浜アリーナはもう満員御礼ということですね、
そう考えるとすごいものです。(実際には埋められない現実)

とは言え、フォロワさんが増えても特に変わることはないんですがね。
いつでも全力投球マンですよ。